SERVICE

事業内容

 

経営セカンドオピニオンサービス

資金繰りや資金調達のサポートを受ける際、会社やその担当者によって、調達できる資金や金利も大きく異なってきます。
経営相談をされる場合、損益計算書や貸借対照表の考え方も違う場合が少なくありません。
株式会社センステージでは、一度資金繰りの改善や資金調達が難しかった会社を再生した実績があります。
体のセカンドオピニオンと一緒で、正確な判断をする為には経営や財務にもセカンドオピニオンが大切です。
思いもよらない結果になる場合もあると思いますので、一度ご相談ください。
経営者様が抱える悩み・課題をお聞きして解決策をご提案したり、内容によっては、弁護士や税理士などの専門家と連携して課題解決へのサポートをします。

資金調達サービス

センステージでは、創業から株式公開など成長段階ごとの資金調達支援をします。
金融機関が使用しているCRDを活用した格付診断、格付向上も手掛けます。
特に財源(収益事業、委託、会費、寄付、助成金、融資など)の獲得を包括してサポートします。
20有余年にわたる実績により培った人脈やネットワークを活用します。
更に、CRDの格付向上により、保証料・支払利息の削減、経営者保証解除も行います。
金融機関交渉の独特の対応方法が強みです。

経営の財務状況改善サービス

会社の財務状況を変えるのは売上を大きくするだけではいけません。
不要な経費の削減を減らす一方で、将来性のある事業には赤字でも投資を行う必要があります。
また会社のビジョンを見据えた上で、削る事業もあれば存続する事業や立ち上げる事業も出てくるでしょう。
変化をしない会社は世の中が変化をしていく分だけ衰退をします。ただ、闇雲な変化をすればいいというわけではありません。
上場を目指すのか、売却を目指すのか、利益の効率化を目指すのか、社会貢献性のある会社を目指すのか、将来的な継続性を考えた会社にするのか、、様々です。
センステージでは、そういったヒアリングをしっかりと行った後、会社のビジョンにあった財務状況の改善サービスを行っております。
センステージでは経営コンサルや人事コンサルも行ってきた経験があるので、お金の流れだけをみた”堅い”財務管理ではなく、包括的なサポートが可能です。

資金繰り改善サービス

センステージでは、借入金の返済条件変更(リスケ)での経営改善・会社再生のお手伝いをします。
20有余年で築き上げた人脈やネットワークを活用しながら、長年の経験により得た金融機関独特の対応方法を把握したうえで、お客様の事情を第一優先した対応を行います。
金融機関に融資を断られた場合でもご相談ください。解決方法を最後の最後まで考えさせて頂きます。

事業再構築補助金

センステージでは、事業再構築補助金の申請サポートをします。
当社の申請サポートは、補助金採択が目的でなく、真の事業再構築(構造的に強い企業づくり)を目的として対応させて頂きます。
事業再構築補助金を採用させるポイントは「蓋然性」です。成功確度の高い新規事業になる様に支援します。
また、事業再構築補助金が不採択でも新規事業にチャレンジする意思のある企業様のみ対応しております。

関与実績

通常枠

No. 公募回 結果 事業類型(枠) 本事業で取り組む対象分野となる業種(中分類) 補助金交付申請額
1 第1回 採択 通常枠 85 社会保険・社会福祉・介護事業 21,666,665
2 第2回 採択 通常枠 72 専門サービス業(他に分類されないもの) 14,676,701
3 第2回 採択 通常枠 09 食料品製造業 45,275,893
4 第3回 採択 通常枠 40 インターネット附随サービス業 19,387,802
5 第3回 採択 通常枠 39 情報サービス業 28,939,997
6 第4回 採択 通常枠 40 インターネット附随サービス業 19,489,999
7 第4回 採択 通常枠 16 化学工業 59,982,664
8 第5回 不採択 通常枠 76 飲食店 29,710,660
9 第5回 不採択 通常枠 76 飲食店 26,053,968
10 第6回 採択 通常枠 15 印刷・同関連業 28,773,330
11 第6回 採択 通常枠 21 窯業・土石製品製造業 60,000,000
12 第6回 不採択 通常枠 76 飲食店 20,000,000
13 第7回 申請済 通常枠 72 専門サービス業(他に分類されないもの) 24,039,996

その他サービスの補足

企業価値の向上

銀行や投資家へ資金調達をする際やM&A等の事業売却をする際にはその会社の【財務状況】だけでなく、【ビジネスモデル】や【将来性】等、多角的な視点から会社の”価値”が判断されます。
経営者自身もその会社の企業価値を全て捉えることができてないケースが少なくありません。
センステージでは資金調達や補助金で事業計画書を書く機会が数多くあり、その知見を生かしてクライアント様の企業価値を最大化させます。
銀行や投資家とのやり取りで最も大事なのは、「企業の価値を見出す力」と「伝える力」です。
もしかすると社内では気付いていない、価値が会社にはあって、その価値を生かすことで今後の経営が大きく変わるかもしれませんので是非一度お気軽にご相談ください。

財務関係のディレクション

センステージでは、上記以外の財務関連のディレクションサービスとして以下の業務も対応をします。
①M&A支援:FA(ファイナンシャル・アドバイザー)として対応いたします。
②社外取締役の就任:上場準備経験や長年に亘る経営コンサルティングで培った知見を基に社外取締役へ就任も対応します。
③ファンド組成支援:知的財産権・不動産を対象とした証券化のスキームをご提案します

SDGsへの的確化

センステージでは、SDGsコンサル会社として2020年6月5日に設立しましたが、上記すべてのサービスにおいて、SDGs/ESG経営の視点が組み込まれていますので、敢えて表記はしておりません。
もちろん、SDGs/ESG経営に特化したコンサルティングも承りますが、その際には各分野の専門スタッフを集結して、より高度なサービスをご提供いたします。
財務情報に加え、非財務情報の開示が、大企業・中小企業を問わず、日々重要視されてきています。統合報告書、サステナビリティレポート、SDGs宣言といった非財務のレポートの作成、SDGsスコアアップなどに関しても、多面的な支援をさせていただきます。